Woven : East & West, painting & design by Yumi Karasumaru

烏丸由美展 つむぐ -東洋と西洋、絵画とデザイン-

9月
4 Sat 2021
企画展

シン・デザイン+プラスシリーズ n.1 – ボッシュと, Shin-design + plus series n.1 – with Bosch, 2021, 35×3   ©️Francesco Ribuffo

この度KATSUYA SUSUKI GALLERYでは、2021年9月4日から日本では5年ぶりとなる烏丸由美の個展、「つむぐー東洋と西洋、絵画とデザイン」を開催いたします。
昨年来、コロナ禍中で自身を見つめ直し、変化する自分を作り出す機会を与えられた、と語る烏丸。主にイタリアを拠点とし、絵画作品の制作にとどまらず、立体作品や、映像作品、さらには自身が語り部となる個性的なパフォーマンス等、近年その活動の領域は、さらに広がりを見せています。
本展は、彼女がコロナ禍中でスタートさせた新シリーズ「シン・デザイン+プラスシリーズ」を中心に平面作品14、5点で構成されます。
これは、日本の伝統的なデザインに烏丸独特のポップで卓越した色彩感覚を注ぎ込み、そこに絵画のルーツとなるヨーロッパの中世美術のエッセンスを加えたもので、東洋と西洋、絵画とデザイン、そして、歴史と現代というエレメントが、互いにつむぎあい、融合して新しい形となって表われます。
今回は、ボッシュ、メムリンク、デューラー、ヴァン・アイク、ヴァトー、といった中世ヨーロッパの主要な作家たちの作品に向き合い、繊細なドローイングと独自のカラーリングでタブローの中でそれらの絵画とデザインを見事に融和させていきます。そこに垣間見える詩的で、見事に構成された絶妙なバランスと色、空間に思わず引き込まれていきます。これは、作家が生まれ育った日本の生活文化を土台にして、長年ヨーロッパを拠点として活動してきた烏丸だからこそ表現できる、東洋と西洋のはざまで研ぎ澄まされ、育んできた、彼女の内面から湧き出る思考と感覚である、と言えるのではないでしょうか。
コロナ禍のなか、感染拡大が広がる困難な時期ではございますが、皆さまのご来場をお待ち申し上げております。

開催概要

展覧会名:烏丸由美展 つむぐ -東洋と西洋、絵画とデザイン-
     Woven : East & West, painting & design by Yumi Karasumaru

会期:2021年9月4日(土)〜10月3日(日) 10月10日(日)
営業日:水曜日〜日曜日 定休日:月曜日・火曜日(※9月21日(月・祝)は営業いたします)
営業時間:11:00〜19:00
会場:KATSUYA SUSUKI GALLERY
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1−32−17
TEL 03-5726-9985 FAX 03-5726-9986
Mail info@katsuya-susuki-gallery.com
HP  https://katsuya-susuki-gallery.com

協 力:Mizuma Art Gallery

〈作家情報〉

烏丸 由美(Yumi Karasumaru)
美術家。大阪に生まれる。京都市立芸術大学卒業。イタリア国立美術アカデミー卒業。イタリア(ボローニャ市)と兵庫県川西市にて制作。90年代の初めから、活動の拠点をイタリアに移し、ヨーロッパ、アメリカ、日本で展覧会、パフォーマンス等多数。

主な個展
2021
「つむぐ~東洋と西洋、絵画とデザイン」 KATSUYA SUSUKI GALLERY, 東京
2018
「FACING HISTORIES」 ヴォルピ―二画廊、ボローニャ、イタリア
2016
「FACING HISTORIES」 ボローニャ近代美術館、ボローニャ、イタリア
2015
「フェーシング・ヒストリーズ」六本木ヒルズ A/Dギャラリー、東京
「フェーシング・ヒストリーズ」京都芸大ギャラリーアクア、京都
「フェーシング・ヒストリーズ・イン・ヒロシマ」広島県立美術館・県民ギャラリー、広島
2014
「Spiriti Evanescenti」マルフィーザ・デステ宮、フェラーラ、イタリア
「FACING HISTORIES」ギャラリー・ウーグ、リヨン、フランス
2013
「Tokyo Monogatari」スタジオ・カルロッタ・ペッシェ、ボローニャ、イタリア
2011
「Tokyo Stories Vol.3」ギャラリー・ウーグ、リヨン、フランス
2010
「ぼくたちの東京ストーリーズ。」ミヅマアクション(ミヅマアートギャラリー)、東京

主なグループ展
2021
「+Divenire. Dove inizia il numero di esodo」コルチャーノ・フェスティバル、コルチャーノ、イタリア
2019
「Turn over #1」, パオラ・ヴェレンジャ画廊、サレルノ、イタリア
2018
「Lari- gli spiriti protettori della casa(守護神・家を守るスピリット)」トリエンナーレ・ディ・ミラノ、
Superstudioミラノ、イタリア
「EX-NOVO」 プラート・ファンデーション, ナポリ、イタリア
2017
「Roberto Daolio – vita e incontri un critico d’arte attraverso le opere di una collezione non intenzionale
(ロベルト・ダオリオ- 意図のないコレクションの作品群に見る美術評論家の人生と出会い)」
ボローニャ近代美術館、ボローニャ、イタリア
2016
「La Casa do ut do-Art for Hospice-i valori dell’ABITARE」 国立ボローニャ絵画館、ボローニャ、イタリア
「Tam Tam: Normal Meraviglie, la Mano」トリエンナーレ・ディ・ミラノ、ミラノ、イタリア
2014
「SHOWN OR TO BE SHOWN」ギャラリー・ウーグ、リヨン、フランス

主なパフォーマンス
2020
「デフォスケラーリ画廊の講談師」、企画展「デフォスケラーリ画廊1968-2018」のクロージングイベント、9月20日、ボローニャ近代美術館、ボローニャ、イタリア
「Yumi-transformer, Life changing program 2020-2021(ユミ・トランスフォーマー, 人生を変えるプログラム)」
6月24,25日、デフォスケラーリ画廊のエントランスにて。ボローニャ、イタリア
「The Story-teller, il narratore 2020 – Il nome di quell’uomo è Pasquale(その男の名はパスクワーレ)」
1月24日, デ・フォスケラーリ画廊, ボローニャ、イタリア
2019
「The Bumper Car Kodanshi( バンパーカー講談師)- Circolare」10月13日, バッジョの遊園地にて、
バッジョ、ミラノ、イタリア
「The Story-teller, Kataribe 2019 – Make yourself at home」作家の住居兼スタジオにて,2月1 ~3日,
ボローニャ・アートフェアの関連プログラムART CITY – Arte Fiera 2019, ボローニャ、イタリア
2018
「The Story-teller, Il narratore 2018 – The Four Pop Songs」ヴォルピ-二画廊、
ボローニャ・アートフェアの関連プログラムART CITY,1月31日、ボローニャ、イタリア
2017
「Facing Histories in Hiroshima – トリノスペシャル 2017」,エットレ・フィ―コ美術館, 11月4日 トリノ、イタリア
「The Story-Teller – il narratore – ナポリのためのスペシャルバージョン2017」
サン・テオドーロ宮, 6月15日、ナポリ, イタリア
2016
「The White Story- Storia Bianca」トレント・ロベレート近現代美術館, 11月23日、ロベレート、イタリア
「Facing Histories in Hiroshima」ボローニャ近代美術館, 8月6日, ボローニャ、イタリア
2015
「Facing Histories in Hiroshima」京都芸大ギャラリー@Kcua , 8月6日、9日、京都
「Facing Histories in Hiroshima」、Ateliersi、ボローニャ、イタリア
2014
「KOROSù-to kill (special version for Malfisa) マルフィーザ・デステ宮、フェラーラ、イタリア
2013
「The Story-Teller, il narratore」, 「KOROSù-to kill」サン・マッティア教会跡
(ボローニャ・アートフェアー、アート・シティーのイベント)ボローニャ、イタリア
2011
「The Story-Teller」ギャラリー・ウーグ、リヨン、フランス
2010
「The Story-Teller」ミヅマアクション(ミヅマアートギャラリー)、東京

パブリック・コレクション
サンマリーノ共和国国立近代美術館
ボローニャ大学
ボローニャ近代美術館
トリノ市立近現代美術館
マイクロソフトファンデーション

受賞歴
2004
「COMUNITA’-COMMUNITY 第7回 国際アートプライズ ”ERMANNO CASOLI- settima edizione」 審査員特別賞

書籍
2016
「KOROSU.- IO UCCIDO –コロス– I KILL 」 Kappalab pubblisher

www.karasumaru.net

【新型コロナウィルス感染予防ご協力のお願い】
・発熱や咳、だるさなどの症状があるお客様は、御来廊をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
・マスクの着用と、入口で手指のアルコール消毒をしていただきますようお願い申し上げます。
・ギャラリー内が混雑した際には、入場を制限させていただく場合がございますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
・新型コロナウィルスの感染拡大の状況によって、営業時間の変更及び会期の変更の可能性がございます。
・最新情報などはホームページ及び各種SNSにて告知させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。