2022年4月23日(土)〜5月8日(日)

安田 萌音 × 角谷 郁恵 「偶然を築く」

4月
23 Sat 2022
2人展企画展

安田萌音

角谷郁恵

KATSUYA SUSUKI GALLERYでは2022年4月23日(土)から5月8日(日)まで、安田萌音と角谷郁恵による2人展「偶然を築く」を開催いたします。

自然物である土の「ひび割れ」という自然現象を引き起こすことで、絵画作品を作り上げる安田萌音と、紙の上に色を流し込む事から生じる滲みや混ざりなどの偶然性から、自然物である石の肌理を表現する角谷郁恵。
2人の作品制作のプロセスを考えると、「偶然」を「築く」というこの矛盾を孕んだ言葉の組み合わせは、2人の作品をあらわすまさに最適解と言える言葉であると言えます。

作品制作の過程における自然物と人工物の往来のアプローチは、ある意味対極ではありますが、クロスオーバーした2人の作品のプロセスを辿ると、そこには交差する幾つもの「点」があります。
安田萌音の「ひび割れ」と角谷郁恵の「石の肌理」という、それぞれがあえて偶然性という現象を引き起こすというプロセスの先に、2人は自然物、そして現象の本質を抽出します。
さらにそこに生じた偶然性という現象に単純に委ねる事なく、それぞれの意図を織り込み、安田萌音のデザイン的な視点による土でありながらの整然とした作品、そして角谷郁恵の石でありながら紙の繊細さを宿した作品という形で昇華されます。
そこからも現象や秩序に対する深い関心が、2人に通底していることが感じられます。

「築く」という言葉を辞書で調べると「土石を積み上げて作ること」と定義しています。

初めての顔合わせとなる安田萌音と角谷郁恵という2人が、どのような空間を築き上げるのか、この機会に是非ご高覧下さい。

【作家ステートメント】

人が作ったもの”と”自然が作ったもの”の差異は何か。
人の意思の介在の有無という点において、成り立ちが大きく異なっているはずだ。
自然に存在しえない形を人が創り、人が想像しえない形を自然は創る。

私の作品では、泥土を支持体の上で再構成してひび割れを起こし、自然の再現を試みる。
再現された自然は、人工的な形の象徴としての四角形に押し込められ、”人が作ったもの”と”自然が作ったもの”が融解する。

私はその成り立ちの異なるふたつが混ざり合った混沌とした何かを築きたい。そして、私の作品は私の想像しえない形で萌芽する。

安田萌音

飛石は碧々と繁る苔の雲海に浮かぶ小島のよう。
軸をずらしながら組まれた石の上を渡ってゆくと、自ずと視線は回遊し、客人が意識せずとも庭の主人の思惑によって庭の情景を堪能することになる。

庭は主人の意図・意匠と自然物が成す偶然性・現象が合わさり一度切りの「間」を作り出す。

紙の上に幾重にも色を流しこみ、偶然性を引き出しながら、混ざり、滲み、揺らぎ、石の肌理や表情が生まれていく。紙の中に私の意図とそれを超えた現象が共存し始める。そこに現れるのは自然そのものではなく現象を抽出した秩序でありデザイン(庭)である。
新たなこの庭に飲み込まれるように、そして私自身が没入できるように制作をする。

角谷郁恵

開催概要

安田 萌音 × 角谷 郁恵 「偶然を築く」

会期:2022年4月23日(土)〜5月8日(日)
営業日:水曜日〜日曜日(祝日も営業します) 定休日:月曜日・火曜日
営業時間:11:00〜19:00

会場:KATSUYA SUSUKI GALLERY
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1−32−17
TEL 03-5726-9985 FAX 03-5726-9986
Mail info@katsuya-susuki-gallery.com
HP  https://katsuya-susuki-gallery.com

【 安田 萌音 Moeto Yasuda 】

2015 多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻 卒業
2017 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻 修了
2017-2021 多摩美術大学 環境デザイン学科研究室 副手・助手

[個展]
2016 「安田萌音 個展」 / ギャルリー東京ユマニテbis (東京)
2017 「安田萌音 個展 行為の記録 -大地-」 / ギャルリー東京ユマニテbis (東京)
2019 「安田萌音 個展 “vestiges”」 / ギャルリー東京ユマニテbis (東京)

[グループ展]
2013 「ポンガイズム」 / デザインフェスタギャラリー(東京)
2013 「くゆらす展」 / KAYA gallery (神奈川)
2013 「未来の収穫祭’13」 / 丸亀生涯学習センター(香川)
2014 「ポンガイズム2」 / デザインフェスタギャラリー(東京)
2015 「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」 / 国立新美術館 (東京)
2015 「色さざれ-多摩美術大学日本画専攻卒業有志展-」 / 銀座洋協ホール(東京)
2015 「ポンガイズム3」 / 銀座第七ビルギャラリー (東京)
2016 「1440 -2016年多摩美術大学大学院日本画研究領域2年生展-」 / 佐藤美術館(東京)
2017 「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」 / 国立新美術館 (東京)
2017 「Hotサンダルプロジェクト展 in 東京」 / 銀座洋協ホール(東京)
2018 「根源へPartⅡ-1育ちゆくもの」 / ギャルリ・プス(東京)
2019 「鯨虎じょう・安田萌音展」 / 艸居 SOKYO GALLERY (京都)
2019 「多摩美術大学 助手展 -交差する視点-」 / Fei Art Museum (神奈川)
2019 「大地と人と街 西村卓 安田萌音2人展」 / ギャラリイK (東京)
2019 「Poly- ‘19多摩美術大学助手展」 / 多摩美術大学アートテークギャラリー (東京)
2020 「TAMABI Trial Exhibition ANYHOW,」 / 多摩美術大学 アートテークギャラリー (東京)
2021 「本のない表紙展」/ ギャラリイK (東京)
2021 「多摩美術大学 助手展 2021」 / 多摩美術大学 アートテークギャラリー (東京)

[受賞]
2014 「トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展」 豊橋市美術館 (愛知) /入選
2017 「神山財団芸術支援プログラム第3回卒業成果展」 銀座アートホール (東京) / 奨励賞

【角谷 郁恵 Ikue Kakutani】

2013 武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業
パッケージデザイナーとして日用品メーカーに入社
2017 退社
    志村ふくみ(紬織、重要無形文化財保持者)主催 アルスシムラ卒業

[個展]
2017 個展「彩集」Gallery Cafe 3(東京)
2019 個展「拾う」Gallery Cafe 3(東京)
2020 個展「佇む」Gallery Cafe 3(東京)

[グループ展]
2020 「彼女はバスルームの窓からやってきた!」旧高津湯おふろ荘(神奈川)
2021 石フェス!2021 アトリエ三月(大阪)
    Spiral Xmas Market 2021 Limited Gallery(東京)
2022 Artist New Gate ファイナリスト展 あべのハルカス(大阪)
企画展「漂泊と沈潜」Gallery Cafe 3(東京)

[受賞]
2013 武蔵野美術大学卒業制作展優秀賞
2019 アートオリンピア2019 佳作
2020 数寄和公募展 入選
2021 数寄和公募展 入選
2022 Artist New Gate ファイナリスト選出

【新型コロナウィルス感染予防ご協力のお願い】

・発熱や咳、だるさなどの症状があるお客様は、御来廊をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
・マスクの着用と、入口で手指のアルコール消毒をしていただきますようお願い申し上げます。
・ギャラリー内が混雑した際には、入場を制限させていただく場合がございますので、その際はご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
・新型コロナウィルスの感染拡大の状況によって、営業時間の変更及び会期の変更の可能性がございます。最新情報などはホームページ及び各種SNSにて告知させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。