【2人展】宮山香和 × 寺本明志 「隣り合わせ」

3月
5 Sat 2022
2人展企画展

KATSUYA SUSUKI GALLERYでは2022年3月5日(土)から3月27日(日)まで、宮山香和と寺本明志による2人展「隣り合わせ」を開催いたします。

宮山香和の描く対象との間の空気感と、寺本明志の描く対象同士の関係性。そこにはその対象の本質を描くというよりも、その瞬間のシーンとしての本質を描くという共通点が感じられます。しかしながら一方で、宮山の作品からは「何かが起こりそう」という期待と不安が入り混じった予感、または何かが起こった後の過ぎ去った喪失感のようなものを感じさせ、クールな空間表現や描写でありながら様々な感情を孕み、寺本の作品は何かが起きているという現在進行形の瞬間という事実を捉え、感情的な筆致で描きながらも、物と物の関係性は起きている事を事実として、そこに感情の介在する余地を感じさせず、2人の作家の作品にはその瞬間の時間軸を境に、対極とも言える相違点とともに、それぞれに矛盾的表現を内包しています。

共通する軸がありながらも、理論的に交わることは不可能に思える2人の作家の作品が「隣り合わせ」になった時、果たしてどのような見え方をするのでしょうか。
この機会に、是非ご高覧ください。

【作家ステートメント】

人やモノの間にある関係性やそこから発生する感情は私たちの生活を取り巻いているが、決して目には見えない。
私はこの漠然とした存在を絵画として結晶化させるような感覚で制作を行っている。
隣り合わせの人・モノが響き合って生まれるそこにしかない空気。
それはともすれば静謐な世界で息を潜める緩やかな狂気に変化し、「何かが起こりそう」という予感を漂わせる。

個人的な生活から着想を得て、日常から切り離された一瞬を捉える。
その矛盾を通して、普遍的な情動の深層を垣間見たい。

宮山香和

ものや人が並んだ時、対等な関係が自然である場所Patioを日々描いている。そこでは、土のついたスコップが室内にあることや、屋外に絵画が飾られることに違和感はなく、受け入れられるのだ。
そこに置かれたもの(または人)が起こす事象や既に起きたハプニングによって、対等に存在する隣り合わせのものがつながり、次の動きへと絵画の中で連なって展開していく。それは穴があるから橋を渡し、通るような自然な物事のつながりである。

アトリエに私がいる時、常に隣りでは予期しない出来事が起き続けていて、それを一つ一つ受け止めながら、絵を描いている。

寺本明志

開催概要

宮山香和 × 寺本明志 「隣り合わせ」

会期:2022年3月5日(土)〜3月27日(日)
営業日:水曜日〜日曜日
定休日:月曜日・火曜日 ※3月21日(月・祝)はオープン
営業時間:11:00〜19:00

会場:KATSUYA SUSUKI GALLERY
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1−32−17
TEL 03-5726-9985 FAX 03-5726-9986
Mail info@katsuya-susuki-gallery.com
HP  https://katsuya-susuki-gallery.com

【宮山香和 KANA MIYAYAMA】

2017 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 卒業
2019 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期(修士)課程絵画専攻油画研究領域 修了

– 主な展示 –
2022 「pickup2022」REIJINSHA GALLERY(東京)
2021 「myheirloom pre-open exhibition vol.4 “finale” 澤あも愛紅 宮山香和『歪な避暑地』」Room_412(東京)
2021 「myheirloom pre-opening ceremony “Archives”」myheirloom(東京)
2021 「日本橋イーストアートプロジェクト サマーアートミーティング」Gallery TK2(東京)
2020 「FACE 展選抜作家小品展 2020」REIJINSHA GALLERY(東京)
2020 「FACE 展 2020」SOMPO 美術館(東京)
2019 「シェル美術賞展 2019」国立新美術館(東京)
2019 「FACE 展 2019」SOMPO 美術館(東京)
2018 「FACE 展 2018」SOMPO 美術館(東京)

– 主な受賞歴 –
2020 FACE2020 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
2019 シェル美術賞2019 入選
2029 FACE2019 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
2018 FACE2018 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選

【寺本明志 AKASHI TERAMOTO】

2015 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 卒業
2017 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期(修士)課程絵画専攻油画研究領域 修了

–  主な展示 –
2022 個展「Patio」Bambinart Gallery(東京)
2021「シェル美術賞2021」国立新美術館(東京)
2021「犬も歩けば棒にあたる」Art space KaiKas’(相模原)
2021「清須市第10回はるひ絵画トリエンナーレ」清須市立はるひ美術館(愛知)
2020 「FACE展 2020」SOMPO美術館(東京)
2018 「Naming Method」Art space KaiKas’(神奈川)
2018-2021 「多摩美術大学 助手展」多摩美術大学アートテーク(東京)
2016-2017 「アタミアートウィーク」(静岡)

– 主な受賞歴 –
2021 シェル美術賞2021 入選
2021 清須市第10回はるひ絵画トリエンナーレ 審査員賞(吉澤美香)
2020 FACE2020 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
2015 福沢一郎賞

【新型コロナウィルス感染予防ご協力のお願い】

・発熱や咳、だるさなどの症状があるお客様は、御来廊をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
・マスクの着用と、入口で手指のアルコール消毒をしていただきますようお願い申し上げます。
・ギャラリー内が混雑した際には、入場を制限させていただく場合がございますので、その際はご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
・新型コロナウィルスの感染拡大の状況によって、営業時間の変更及び会期の変更の可能性がございます。最新情報などはホームページ及び各種SNSにて告知させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。