SAORI HASEGAWA - In the city –

1月
8 Sat 2022
企画展

KATSUYA SUSUKI GALLERYでは2022年1月8日(土)から1月23日(日)まで、長谷川彩織による個展「- In the city -」を開催いたします。

2016年に多摩美術大学大学院博士前期課程美術研究科を修了した長谷川彩織は、これまで個展の開催、グループ展への参加の他、近年では香港や韓国のアートフェアに参加するなど、活躍の場を世界に広げています。
これまで「迷子の風景」と銘打った作品を発表してきた長谷川は、植物と風景を重ね合わせる事で、破壊と再生のリズムを生み出し、新たな構成を作り上げます。その植物と風景を交互に重ね合わせ描いていく中で、意識からこぼれ落ちていく風景を長谷川は「迷子の風景」と呼んでいます。
これまでは主に彼女の身近な街の風景を取り上げてきましたが、今回の個展では-In the city-と題し、都市の中の「迷子の風景」を見つめ直します。

———————————————————————————————————————————

「迷子の風景」と題する作品を制作しています。生の植物と写真に撮った風景を同じ画面に構成し、描いていく中で次第に両者は動き始めます。互いに絡み、共生するように混ざり合っているかと思えば、再生と破壊を繰り返しながら広がり、風景を形成していく。二つの間で繰り返すリズムは風景の前に佇む人の意識を記憶や空想へと導き、彷徨わせます。そんな繰り返される儚くも力強い循環の中で迷子になれたらと思っています。

花はいつの間にか枯れている。
写真の風景はいつの日か見た風景、今日じゃない、過去の時間の中で見つけた風景のかけらのようなもの。それを見つめる。カンカンの箱に入った複数枚の写真の中から選ぶ、何でもないような風景、たまたま撮った写真、どこなのかももう思い出せない場所やいつも見続けている身近な場所。

植物と風景を描く、でも二つを同時に見ることはできない。同時に描くことはできない。交互に描いていく、重ねていく、植物を見ているときは風景を見ていない。風景を見ているときは植物を見ていない。集中して見つめている間に見落としているものが必ずある。何を見落としたのだろう?なぜ見落としたんだろう。
ひょっとしたら見落としてしまえるほど安心感のある存在なのかもしれない。身近で見慣れたものを見失うことが私たちは得意だから。
意識の不在によって見落とされた風景を「迷子の風景」と呼んで、見落とされるであろうその存在を見つめ返してみる。

花はいつの間にか枯れている。

                                                                                                                                                                                                                                                   長谷川彩織
———————————————————————————————————————————

開催概要

SAORI HASEGAWA SOLO EXHIBITION - In the city –

会期:2022年1月8日(土)〜1月23日(日)
営業日:水曜日〜日曜日 
定休日:月曜日・火曜日 【※1月10日(月・祝)は営業いたします】
営業時間:11:00〜19:00

会場:KATSUYA SUSUKI GALLERY
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1−32−17
TEL 03-5726-9985
Mail info@katsuya-susuki-gallery.com
HP  https://katsuya-susuki-gallery.com

【長谷川彩織 SAORI HASEGAWA】
2010 埼玉県立芸術総合高校 (美術科) 卒業
2014 多摩美術大学(美術学部 絵画学科 油画専攻) 卒業
2016 多摩美術大学 大学院(博士前期課程 美術研究科 絵画専攻)修了

【個展】
2015 「個展-ちょっとだけ迷子-」なびす画廊(銀座)
2016 「個展-今いる場所から今いる場所へ-」画廊るたん(銀座)
2017 「Hasegawa Saori solo Exhibition」Gallery LVS(韓国・ソウル)
  「長谷川彩織 展」JINEN GALLERY (小伝馬町)
2018 「長谷川彩織 展」JINEN GALLERY (小伝馬町)

【グループ展】
2014 「etteda・∞ 展」Dongduk ART Gallery(韓国・仁寺洞)
2015 「etteda・∞ 展」 BankART Gallery(横浜)
2016 「SICF17」スパイラルホール(表参道)
  「ASYAAF」 DDP(韓国・ソウル)
  「Exist Vol.14展」JINEN Gallery(小伝馬町)
2017 「草原展」Gallery KINGYO(千駄木)
2018 「駿馬展」画廊るたん(銀座)
  「In the air 展」フリュウGallery(千駄木)
2019 「Art Central HKアートフェア」 MASAHIRO MAKI GALLERY(香港)

【受賞歴】
2014 神山財団奨学生 第一期生  受賞
2015 チャーム・ケア・コーポレーション作品展示
  多摩美校友会 小品展 チャレンジ賞受賞
  ギャラリーへ行こう(数奇和) 入選
  金谷美術館コンクール2015 褒賞・入選
2016 NEXT ART展 推薦作品
  チャーム・ケア・コーポレーション 作品展示
  うたづArtAward2016 入選
  神山財団成果展  奨励賞受賞
2017 OMEビエンナーレ2017 入選
  多摩美術大学校友会 小品展 チャレンジ賞受賞
  第37回三菱商事アートゲートプログラム 入選
2018 ギャラリーへ行こう(数奇和) 入選
  AKKA 「アートと工芸の金沢オークション」出品
  多摩美術大学校友会 小品展 チャレンジ賞受賞
2019 第43回三菱商事アート・ゲート・プログラム 入選
2020 福岡植物園 植物画コンクール 優秀賞
  第14回国際アルテ・ラグーナ賞 Finalist
2021 福岡植物園 植物画コンクール 優秀賞
  NONIO ART WAVE AWARD 2021 岩渕貞哉審査員特別賞 受賞

【新型コロナウィルス感染予防ご協力のお願い】
・発熱や咳、だるさなどの症状があるお客様は、御来廊をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
・マスクの着用と、入口で手指のアルコール消毒をしていただきますようお願い申し上げます。
・ギャラリー内が混雑した際には、入場を制限させていただく場合がございますので、その際はご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
・新型コロナウィルスの感染拡大の状況によって、営業時間の変更及び会期の変更の可能性がございます。最新情報などはホームページ及び各種SNSにて告知させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。