Ayako Ishiba & Natsumi Giniro - L.S./ M.F.T -

石場文子 銀色なつみ 「 L.S./ M.F.T 」

11月
19 Sat 2022
2人展

この度KATSUYA SUSUKI GALLERYでは、2022年11月19日(土)から石場文子と銀色なつみによる二人展「 L.S./ M.F.T 」を開催します。

被写体に輪郭線を引いて写真を撮影した作品の「2.5」シリーズをはじめ、鑑賞者の認識にズレを引き起こし、既存の価値観に疑問を投げかける作品を発表する石場文子と、すりガラス越しに被写体を撮影した作品を通して、視覚情報処理のエラーから引き起こされる見間違いを再現し、物事の本質を捉え損ねる事の危険性を訴える銀色なつみは、それぞれが2次元と3次元の間、写真と絵画の間を追求するという目的地を同一としながらも、そのアプローチ方法は対極にあります。
そんな二人の邂逅は、鑑賞者の認識を揺さぶり、視野を広げてくれる事でしょう。

視覚的な違和感を与える石場と銀色の二人の作品を通して、改めて「観る」という行為の意味を問いかける今回の二人展、この機会に是非、ご高覧下さい。


【Statement】
二人の共通点は写真を使っていることと視覚や思考の駆け引き、他にもいくつかありますが、作品を前にした人の視点をいくつもシミュレーションしていることです。
今回の展覧会タイトルの「L.S./M.F.T.」。喫煙者の方なら知っているかもしれませんが、タバコのラッキーストライクの箱を開けた時に印字されている文字です。意味は「Lucky Strike means fine tobacco=ラッキーストライクはよいタバコ」。なんともあっけらかんとした潔い言葉なんでしょうか。
一部の人しか目にしない文字の羅列と数式のようなシンプルな言葉は見る人によって捉え方が異なり、ラッキーストライクという意味も本来は大当たりという意味ですが、ラッキーとストライクを直訳すると「幸運」「打つ、叩く、くらわす、予想が的中する…」になります。「幸運」という言葉は個人的な感覚であり、一方的、人工的、または嘘っぽさを感じることもあります。なぜなら幸運は形なき言葉。その幸運をくらわすもの、はよいもの。
意味が分かりそうでいまいち掴めない、この感覚を大切に持ちながら二人展を行います。

どこまでかの境界線。幸運と好運と幸福。視覚的な安心感、瞬発的な始まる予感。大あたり命中ツイてる。人工的な幸せそうな絵文字。決定的瞬間フォーチューン。


 

開催概要

展覧会名:石場文子 銀色なつみ 「 L.S./ M.F.T 」

会期:2022年11月19日(土)〜12月5日(月)
営業日:水曜日〜日曜日 定休日:月曜日・火曜日
営業時間:11:00〜19:00

会場:KATSUYA SUSUKI GALLERY
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1−32−17
TEL 03-5726-9985 FAX 03-5726-9986
Mail info@katsuya-susuki-gallery.com
HP  https://katsuya-susuki-gallery.com

石場 文子

1991年兵庫県生まれ。京都嵯峨芸術大学美術学部造形学科版画分野卒業、愛知県立芸術大学博士前期課程美術研究科油画・版画領域修了。輪郭線に見える写真シリーズなど、視覚情報から得る人間の認識の問題や被写体のモノ自体の存在を作品を通して追求している。
近年の展覧会は「感性の遊び場」(ANB Tokyo, 2022)、「Shuttle run 2022」(ARTDYNE, 2022)など。

「2.5(知らないお客さん)」34.8cm×42.4cm インクジェットプリント

銀色 なつみ

石川県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。身近な素材をすりガラス越しやカメラの眼で捉え、脳が視覚情報を処理する過程で起こるエラーを再現し、何を本当に見て、見てないかを問い直す作品を制作している。
Life with Art展 / sicf22 winners exhibition/377975 Vol.2 作品掲載

「ねがいごと / Make a wish」84.1cm×59.4cm インクジェットプリント