鮫島 ゆい × 井上 瑞貴 「Fragments of unvoiced voices」

5月
14 Sat 2022
2人展企画展

この度KATSUYA SUSUKI GALLERYでは2022年5月14日(土)から6月5日(日) まで、鮫島ゆいと井上瑞貴による2人展「Fragments of unvoiced voices」を開催いたします。

信仰や神話、哲学など、古来より人びとの間に根付いている精神世界入り口に、五感を通して感じられる「実在」と、想像から導かれる「架空」を混在させ、「みえるものとみえざるものをつなぐこと」をテーマに、絵画作品を制作する鮫島ゆい。そして社会生活の中の、見えずらい、または見え過ぎる「個」や「事」に注目し、社会規範の外側の人や事から派生する声や物語を描く井上瑞貴。今回の2人展のタイトルの「Fragments of unvoiced voices(声にならない声の断片)」 は、そんな2人が展覧会に向けて、お互いの共通項を話し合う中で浮かび上がってきた言葉です。

それぞれベクトルは違えども、見えにくいもの、消えてしまいそうなもの、透明化 されてしまうものを掬い上げて、繋ぎ合わせて生み出された2人の作品による競演。この機会にどうぞご高覧下さい。

開催概要

鮫島 ゆい×井上 瑞貴「Fragments of unvoiced voices」

会期:2022年5月14日(土)〜6月5日(日)
営業日:水曜日〜日曜日 定休日:月曜日・火曜日
営業時間:11:00〜19:00

会場:KATSUYA SUSUKI GALLERY
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1−32−17
TEL 03-5726-9985 FAX 03-5726-9986
Mail info@katsuya-susuki-gallery.com
HP  https://katsuya-susuki-gallery.com
交通アクセス 東急東横線「都立大学駅」より徒歩5分

【 鮫島 ゆい / YUI Samejima 】

1988年 京都生まれ
2010年 京都精華大学 芸術学部 版画専攻 卒業

主に絵画表現を中心とした美術作品の制作、発表を行う。
現在は、時間・存在において異なる概念をもつ事物の断片を組み合わせるように描く手法を用いて、「みえるもの」と「みえないもの」をつなぎ、あるいは両者の境界を示すことを試みている。

主な個展
2021「もつれるルーパ tangled rūpa」(GALLERY VALEUR・愛知)
2020「境界のミチカケ」(2kw gallery・滋賀)
2018「√ root」(2kw gallery・滋賀)
2017「鮫島 ゆい 展 punctuation」(VOU・京都)
2016「Konohana’s Eye #11 鮫島 ゆい 展 5時の点は白と黒」(the three konohana・大阪)

主なグループ展
2021
「UMEKOUJI MEETINGS Vol.00」(河岸ホテル・京都)
「CAPTURE」(RIKKA gallery 麻布台・東京 )
「MITSUKOSHI Art Weeks」(日本橋三越本店・東京)
「鮫島ゆい 天牛美矢子 ABRACADABRA」(2kw gallery・滋賀)
「第8回清州国際美術展 再び対話する風土 – 日本韓国国際交流展」(シェマ美術館・韓国 清州)
「エマージング・アーティスト展」(銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM・東京)
「JAPAN KOREA Art Communications 日韓藝術通信5/ 温度온도(オンド)往復書簡」(The Terminal Kyoto・京都)
2020
「PESPECTIVE SPIRAL」(成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーアートサイト・滋賀)
2019
「韓日藝術通信2019 「温度 / 온도」」(清州市立美術館別館ギャラリー・韓国 清州)
2018
「日韓藝術通信part3」(嵯峨美術大学・京都)
2017
「points of departures」(Arena 1 Gallery・アメリカ カリフォルニア)
2016
「ULTRA×ANTEROOM exhibition 2016」(HOTEL ANTEROOM KYOTO・京都)

主な受賞歴
2021「NONIO ART WAVE AWARD 2021」グランプリ、NONIO賞(主催:ライオン株式会社) 
2013「Dアートビエンナーレ2013」入選 (主催:堀科学芸術振興財団)
2012「トーキョーワンダーウォール公募2012」入選(主催:東京都)
2010「GOLDEN COMPETITION 2010」U35賞(主催:ターナー色彩株式会社)
2008「アクリルアワード2008」美術手帖賞(主催:ターナー色彩株式会社)

パブリックコレクション
ライオン株式会社、ホテルアンテルーム京都、ターナー色彩株式会社、大阪芸術大学
















「Fragments of unvoiced voices」
112.0×145.5㎝ 2022
パネルにキャンバス、油彩、アクリル

【井上 瑞貴 / MIZUKI Inoue 】

井上 瑞貴
INOUE MIZUKI

1992年 熊本生まれ。
2019年 多摩美術大学大学院美術研究科修士前期課程修了。

個人的な問題から、「差別が起こる構造」「社会から周縁化された人々」に興味を持つ。「個」と「社会」のあり方について思考し、近年、日常生活で出会う「マイクロアグレッション」をテーマに、離型剤を支持体に塗る又は絵具に混ぜ、剥がれた(剥がされた)イメージを樹脂で固定する(される)ペインティングのシリーズを制作している。

主な展覧会
2021 「HOLBEIN ART FAIR 2021」、SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE/東京
   「シブヤスタイル vol.15」西武渋谷店 B館 8階 美術画廊・オルタナティブスペース/東京
   「 Born New Art 」 SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE/東京
2020 「ホルベイン・スカラシップ成果展」佐藤美術館/東京
「Creativity Continues 2019-2020 第 6 弾」RISE GALLERY/東京
2019 CCIGTOFF COLLECTION VOL.1 渋谷区富ヶ谷空きビル/東京
   「 転回する与太話」、アキバタマビ21/東京
   「東京五美術大学連合卒業・終了展」国立新美術館、アートテイクギャラリー/東京
2018 「シラパコーン大学ワークショップ2018」、グループワーク、シラパコーン大学/タイ、ナコンパトム
2017 「TAMABI select 4」、アートテイクギャラリー、多摩美術大学/東京
「ターナーアワード2017」入選/東京
「東京五美術大学連合卒業・終了展」、国立新美術館/東京
2016 「ビータドライブ」、Troubadour/東京
2014 humanité lab vol. 53井上瑞貴展、ギャラリー東京ユマニテ/東京

受賞歴
2020 KAIKA TOKYO AWARD/KAIKA 東京by THE SHARE HOTELS入選
2019 第33回ホルベイン・スカラシップ奨学生
2017 ターナーアワード2017入選
多摩美術大学卒業制作、優秀賞
ターナーアワード2015入選、東京、大阪、名古屋、仙台、札幌
トーキョーワンダーウォール2015入選、東京都現代美術館、東京
トーキョーワンダーシード2015入選、トーキョーワンダーサイト、東京
2013 五大学有志合同写真展○展。学校賞、長岡造形大学、多摩美術大学
















「健全なパラノイア」
27.3×22.0㎝ 2022
パネル、アクリル、レジン