青木 悠太朗 × 吉田 愛 「 斜 と 風 」

4月
2 Sat 2022
2人展企画展

KATSUYA SUSUKI GALLERYでは2022年4月2日(土)から4月17日(日)まで、青木悠太朗と吉田愛による2人展「斜と風」を開催いたします。

東横線の都立大学駅の改札を出て駅前の通りを左に進み目黒通りを越えると、緩やかな坂道が続いています。その坂道の中腹にKATSUYA SUSUKI GALLERYはあります。さらに先に進むと図書館と舞台やコンサート等が開催されるパーシモンホールが佇む、住民の憩いの場である緑豊かなエリアが広がっています。

自分が実際に目にした風景や空間、現象を解釈し、木材や金属などの身近な素材を使いミニマルな造形作品を生み出す青木悠太朗と、日本画をベースに和紙や木材、土などの素材を使った作品を通して自然の温もりを表現する吉田愛の2人は、今回の2人展に向けてギャラリーを中心とした都立大学周辺を歩き、様々なものを見て、そして感じる事を通して、今回の2人展タイトルとして「斜と風」という言葉を導き出しました。

春の空気に包まれた自然豊かな都立大学で、それぞれが平面作品作家、立体作品作家との展示の経験がないと言う2人の邂逅。
この機会にぜひご高覧下さい。

【作家ステートメント】

自らに関した事象から、彫刻を通して空間の認識について制作している。
制作のきっかけとなるモチーフは様々だが、日々の移動中に出会うことが多い。
歩いていると、その地面の傾きや平らを足の裏から感じ取ることができる。
緩やかな坂道を歩いている。その先はまだ続いている。周囲の建物は一見揃っているようだが、その緩やかな傾斜によって入口(高さ)がズレ、地形の起伏に即した状態になっている。傾きによってズレたモノの連なりから作品を作ることにした。

青木 悠太朗

画廊周辺を散歩していると風が吹き抜ける坂や丘、四方を壁に囲まれた風の溜まり場があった。
坂に合わせて斜めに建つ小さな建物達が並び、ギャラリーの隣には大きな桜の木がある神社があった。

そんな風やこの土地からイメージを受け、サラサラと流れる木漏れ日の香りや道から漂う人の温もり
や気配を作品に含められないかと考え制作した。

吉田 愛

開催概要

青木 悠太朗 × 吉田 愛 「斜と風」

会期:2022年4月2日(土)〜4月17日(日)
営業日:水曜日〜日曜日 定休日:月曜日・火曜日
営業時間:11:00〜19:00

会場:KATSUYA SUSUKI GALLERY
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1−32−17
TEL 03-5726-9985 FAX 03-5726-9986
Mail info@katsuya-susuki-gallery.com
HP  https://katsuya-susuki-gallery.com

【 青木 悠太朗 Yutaro Aoki 】

2013 東海大学大学院芸術学研究科造型芸術専攻 修了
2011 東海大学教養学部芸術学科美術学課程 卒業

[個展]

2021 「double」 MONO.LOGUES (東京)
2021 「東京遊牧生活」 art gallery closet (東京)
2020 「Quien sabe」 板室温泉大黒屋 (栃木)
2019 「Puerta del cielo 空の扉」 Studio Block M74 (メキシコシティ)
2018 「Madera para cosechar」 CASA EQUIS (メキシコシティ)
2017 「Oasis」 nap gallery (東京)
2016 「青木悠太朗展」 板室温泉大黒屋 (栃木)
2015 「青木悠太朗展」 ギャラリーUDONOS (静岡)
2015 「青木悠太朗展」 ギャラリー現 (東京)

[グループ展]

2022 「tagboat Art Fair 2022 」 東京ポートシティ竹芝 (東京)
biscuit gallery first anniversary exhibition「grid」 biscuit gallery (東京)
2021 「The 16th TAGBOAT AWARD」 渋谷ヒカリエ CUBE1,2,3 (東京)
「みつめる」 FEI ART MUSEUM YOKOHAMA (神奈川)
2019 「El castillo de los ladrillos rotos」 guadalajara90210 (メキシコシティ)
「El jardin de Galileo」 guadalajara90210 (メキシコシティ)
2018 「草原小品展」 ギャラリーKINGYO (東京)
「SHIBUYA AWARDS 2017 ART部門 受賞作品展」 Bunkamura Wall Gallery (東京)
2017 「渋谷芸術祭 2017」 渋谷駅構内特設会場 (東京)
「緑と道の美術展」 黒川海道緑地 (神奈川)
「草原小品展」 ギャラリーKINGYO (東京)
2015 「LOGGER Exhibition」 art sea (神奈川)
「見つめる」 神奈川県民ホール (神奈川)
「第10回大黒屋現代アート公募展」 板室温泉大黒屋 (栃木)

[受賞]

2021 「The 16th TAGBOAT AWARD」 審査員特別賞受賞 (審査員 小山登美夫氏)
2017 「渋谷芸術祭 2017」 審査員特別賞受賞 (審査員 小山登美夫氏)
2015 「第10回大黒屋現代アート公募展」 大賞受賞

【吉田 愛 Ai Yoshida】

2009 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻 修了
2007 東京芸術大学美術学部日本画専攻 卒業

[個展]

2021 「森林浴」 Gallery子の星 (東京)
2017 「まだ見ぬ あの子の背 追うとき」 表参道画廊&MUSEE F(東京)

[グループ展]

2022 「森の展示室」 わち山野草の森(京都)
「&Drawing / Multigeneration Square 2022」 藍画廊、GALERIE SOL(東京)
2021 「ギャラリーへ行こう2021」 数寄和 (東京)
「さいたま百花展2021」 アルピーノ村あるぴいの銀花ギャラリー(埼玉)
「Multigeneration Square /交錯する世代、対峙する絵画」 GALERIE SOL、藍画廊(東京)
「FACE展2021」 SOMPO美術館(東京)
2020 「ギャラリーへ行こう2020」 数寄和 (東京)
2019 「明日をひらく絵画 第37回 上野の森美術館大賞展」 上野の森美術館(東京)、京都文化博物館(京都)
2016 「ギャラリーへ行こう2016」 数寄和 (東京)

[受賞]

2021 第9回FACE展2021 入選
2019 第37回上野の森美術館大賞展 賞候補入選
2005 安宅賞受賞(安宅奨学基金)